PROFILE

1991年12月17日生。音楽プロデューサー/シンガーソングライター/キーボディスト。
70’s~80'sのシティポップ/ニューミュージック/AORから影響を受けたノスタルジックで流暢なメロディ、シンセポップやニューウェーブを経過した職人気質の多重録音で、懐かしくて新しい「ニューレトロなシティポップ」を作る。

幼い頃からYAMAHAでクラシックピアノを習い、小4頃にオフコース・チューリップ・荒井由実などに傾倒した事をきっかけに作曲を始める。
初作曲の楽曲は、小4の時に作ったピアノインストの「秋風に吹かれて」。

中学・高校生時代はゴルフ部に所属。
DAVID BOWIEやROXY MUSIC、QUEENなどグラムロック周りの文化に傾倒し、「ブライアン」という作家名を用い始める。

2009年、17歳の時に“ブライアン新世界”名義で出場したTOKYO FM/SONY MUSIC主催フェス「閃光ライオット」にて、The SALOVERS、 GLIM SPANKY、ズットズレテルズ、挫・人間、関取花らと共にファイナリストとなる。

2010年、青山学院大学総合文化政策学部に進学。

2011年、1st Mini Album『LOW-HIGH-BOOTS』を発表。表題曲がiTunes「今週のシングル」に選出され、ダウンロードマーケットで話題となる。

2012年、2nd Mini Album『NEW AGE REVOLUTION』を発表。リード曲「AIUEO~愛飢え男~」がSPACE SHOWER TVパワープッシュに選出される。
やついいちろう主催の「YATSUI FESTIVAL!2012」、「閃光ライオット2012感謝祭」に出演、「SCHOOL OF LOCK!」にも生放送ゲスト出演。

2013年、バンド“Bryan Associates Club ”結成。翌年にはバンドとして「hide presents MIX LEMONeD JELLY 2016」「MINAMI WHEEL」など数々のイベントに出演。

2016年11月、活動休止を宣言し、新たな創作活動に入る。

2018年1月24日、「BRIAN SHINSEKAI」としてデビューアルバム『Entrée』でビクターエンタテインメントAndrecよりメジャーデビュー。
前年9月より、サブスクリプションサービス限定で6作連続で新曲を先行配信するという国内初のリリース形式となった。
先行配信された6曲は、「首飾りとアースガルド」「TRUE/GLUE」「CICADA」「ルーシー・キャント・ダンス」「トゥナイト」「東京ラビリンス」。

2018年4月25日、トラックメイカーMATZによる「Lucy Can't Dance (MATZ Remix)」リリース。

2018年6月6日、ベルリンとアムステルダムを拠点に活動するクリエイターLeo R Melchertsとの共作アレンジの配信シングル「Solace」をリリース。

「ニクオン2018」、「YATSUI FESTIVAL! 2018」、「STV創立60周年SUNNY TRAIN REVUE ~テレビがフェス作っちゃいました~」、「メ~テレ MUSIC WAVE SUNNY TRAIN REVUE~テレビがフェス作っちゃいました~」、「THE GREAT SATSUMANIAN HESTIVAL 2018」など、大型フェスへ出演。

2018年10月24日、配信シングル「三角形のミュージック」リリース。同年12月19日、配信シングル「ピクチャー・オブ・ユー」リリース。

2019年5月29日、約半年ぶりの配信シングル「WAIT」リリース。
BRIAN SHINSEKAI第二章が幕開ける。

2019年6月26日に「ATTACHMENT」、8月7日に「TAIWAN」と配信シングルを連続リリース。

2019年7月18日、9/20全国公開の映画「HELLO WORLD」の劇中音楽への参加を発表。
新プロジェクト「2027Sound」(Nulbarich、OKAMOTO'S、Official髭男dism、STUTS、OBKR、Yaffle、BRIAN SHINSEKAI)発足。

2019年11月27日、7曲入りの1st 配信EP『JOHN DOE』リリース。

2020年3月27日、元CHEESE CAKE田村三果のソロプロジェクトLafuzinのデビューシングル「ポーラー・ナイト」にサウンドプロデュース/作詞/コーラスで参加。

2020年4月15日、OKAMOTO'sのベストアルバム『10's BEST』収録の新曲「Dance To Moonlight」へ、ピアノ/シンセサイザー・アレンジで参加。